クリーニングをして歯の意識が高まった

年をとったと感じるのは、肌だけではありません。そのほかの部位についても、ある程度の年齢を感じることがあります。その中でも、歯に付いて感じることが多いと思うのです。それはなんといっても、歯の黄ばみが目立つことです。笑った時に、歯が黄ばんでいる人を見た時、がっかりすることがありますね。それは、やっぱり不潔と思ってしまうのです。若い人でもそんな人がいます。特に年を取ると、そんな風に黄ばんでしまうので注意が必要です。
そんな時、黄ばみを取る方法として歯科受診をしてクリーニングをすることがあります。クリーニング歯、歯にとってそんなに関係ないと思っていました。それは見た目をよくすることが目的として利用するものだと思っていたのです。
ところが違うのですね。クリーニングを行い出してからは、歯に付いての意識が高まっています。ちょっと悪いと思った時には、歯科を受診するようになりました。それはとても良いことと思っています。