虫歯罹患率が下がっているって本当?

この画面は、簡易表示です

歯列矯正を選ぶかブリッジを選ぶか?

私的には、1〜3本程度の歯のゆがみでしたら、歯列矯正ではなく「ブリッジ」をしてしまう方がいいのではないだろうかと思っています。私の友達の子供も、新大阪で人気の審美歯科まで通って歯列矯正をしているのですが、けれど本当に長ーい道のりに感じますから。

歯列矯正は子供の頃の方が効果が高いとは言いますけれど、しかしそれでも1年や2年と長い年月かかりますからね。しかも歯列矯正の器具によるストレスもありますし。噛みづらさ食べづらさを感じる上に、歯列矯正の器具によって歯磨きだって手間がかかるというものですから。

私の友達は、子供が小学校高学年生になっても仕上げ磨きをしてあげています。歯列矯正の器具をつけている状態においては、他人に磨いてもらう方が、隅々まで磨くことができるそうで。まあ逆に言えば、自分磨きだけですと、磨き残しが多くなるようなのです。

そして話を聞いていて思うことは、「歯列矯正にて大変な思いをするよりも、もう少し成長したらブリッジにしてしまえばいいじゃん」ということですね。まあ自前の歯はとても大事ですけれど、しかし成果があるかどうか確かではない歯列矯正にかけるよりも、私ならば確実にキレイに歯が並ぶ人工歯を選ぶと思ったわけです。

友達にしましても、あと1年やって成果が思うように出なかったら「ブリッジがあるわ」と、切り替えて歯列矯正やめるかもと言っていました。歯列矯正は成果が出る子がいる一方で、そうでない子もいるようです。





top