虫歯罹患率が下がっているって本当?

この画面は、簡易表示です

未分類

クリーニングをして歯の意識が高まった

年をとったと感じるのは、肌だけではありません。大阪で歯周病治療ならしっかりとそのほかの部位についても、ある程度の年齢を感じることがあります。その中でも、歯に付いて感じることが多いと思うのです。それはなんといっても、歯の黄ばみが目立つことです。笑った時に、歯が黄ばんでいる人を見た時、がっかりすることがありますね。それは、やっぱり不潔と思ってしまうのです。若い人でもそんな人がいます。特に年を取ると、そんな風に黄ばんでしまうので注意が必要です。
そんな時、黄ばみを取る方法として歯科受診をしてクリーニングをすることがあります。クリーニング歯、歯にとってそんなに関係ないと思っていました。それは見た目をよくすることが目的として利用するものだと思っていたのです。
ところが違うのですね。クリーニングを行い出してからは、歯に付いての意識が高まっています。ちょっと悪いと思った時には、歯科を受診するようになりました。それはとても良いことと思っています。



親不知がとうとう悲鳴をあげました

今新大阪で人気がある歯医者通いです。
きっかけは親不知がとうとう悲鳴をあげました。大阪で歯周病治療なら多くの研修に口も半分しか開けられないし、2日位我慢したけど駄目で、渋々行く事に。

 

ドキドキしましたが、親不知は腫れていたためもう一日様子を見ようと言う事で、他に虫歯があるらしくそっちの治療にとりかかりました。親不知を抜いた日は麻酔しだした頃から親不知を抜く事が初めての体験でしたので、動悸がしてきました。いざ抜いた時は生え方が良かったのか、すぐ終わり安心して帰りました。

 

次の日にも抜歯後の様子を見せ、順調だと言われそれで終わるのかと思ったら、前歯2本が虫歯で治療してもらいました。何回も削られ口をゆすぐ繰り返しをしているとだんだんと動悸がしてきて発作が起きそうになりましたが、何とか堪えました。でも綺麗になった前歯を見て嬉しかったのもありました。まだ歯医者には通わなくてはなりません。

 

その日はたまたま待合室にいた何とも不気味なおじさんがずっと私に話し掛けてきて、内容も気持ち悪かったんです。
初対面なのに、『今度また会ったらアクセサリープレゼントします』とか『スレンダーですね』とか無視しても怖くて愛想笑いだけしてました。正直怖かったです。
診察中も待合室からその男性の声が聞こえると苦痛になってました



強い痛みで歯医者に行ったら予想外の診断

ある日、右下の奥歯がものすごく痛み始めました。

ずきずき、脈を打つように痛いのです。

大阪歯周病治療専門サイトにその歯は、以前虫歯になり、銀をかぶせてある歯です。

銀で見えないから、知らぬ間にまた虫歯になってどんどん進行してしまっていたのだろうと思いました。

それまで、歯の痛みを感じるほどひどい状態になったことはなかったので、ただ事ではないと思いました。

すぐにかかりつけの歯医者に電話をしました。

私「すみません、急で申し訳ないですが、今日伺えますか?」

歯「申し訳ございませんが、予約でいっぱいです」

私「そうですか…。かなり痛みがあるのですが」

歯「痛みがありますか。少々お待ちください」

少しの保留の後、なんとかその日のうちに見てもらうことができるようになりました。

歯医者に着き、先生に見てもらいます。

少しの間ごそごそ口の中をいじられ、道具で痛い場所を触られました。

先生が口を開きました。

先「ここが痛みますか?」

私「ふぁい」

先「ここね、大きな口内炎ができてます」

……ん?口内炎?

先「これは痛いでしょうね。お薬出しておきますので、痛いところに塗ってください」

こ、口内炎ですか?

あっさり、診察終了。

電話口で、痛いアピールをして騒いだ自分が急に恥ずかしくなりました。

口内炎って、私にとっては咀嚼をしていて誤って口の中を噛んだときにできるものです。

噛んだ時以外に口内炎ができたことがなかったので、衝撃でもありました。

患部は見せてもらえませんでしたが、先生に同情されるほど痛そうな口内炎だったようです。

会計の時に病院から渡された薬を寝る前につけ、就寝。

翌日には全く痛くなくなっていました。

拍子抜けです。

大阪で話題の歯医者からもらえる薬だから、効果がとても高かったのかもしれません。

一晩寝たら治るような症状なのに、無理を言って診療してもらって、ちょっと申し訳ない気持ちになりました。




top