虫歯罹患率が下がっているって本当?

この画面は、簡易表示です

2017 / 10月

親知らずが神経にさわりそうなところに

数年前から親知らずが生えているのはレントゲンで分かっていたものの、特に痛くもなかったですし、江坂にあるかかりつけの歯医者も何も言われませんでしたので抜くことは考えていませんでした。
しかし、その親知らずが虫歯になってしまい、これならいっそ抜いてしまったほうがいいといわれ再度レントゲンを撮ったのですが、どうやら横浜市のエステサロンに通う私の親知らずは若干斜めに生えていてしかも根っこが神経に触りそうだとのことでした。
万が一のことを考え、口腔外科を紹介してもらい、そちらで全身麻酔で手術をすることになったのですが、不安ですから色々ネットで調べると、神経が傷ついてしまい顔の筋肉がおかしくなり笑うと引きつるようになるなどネガティブなことばかり調べてしまうようになりました。
怖くて何度も手術やめようかなと思ったのですが皆やってきている道です。全身麻酔をされ、手術は多分寝ている間にあっさりと終わりました。
顔は腫れるし数日間食べ物や飲み物などきつかったのですが、治ってみると綺麗に治り、自分の歯に抱える不安が減ったので抜いてよかったなぁと今では思います。



虫歯の治療時の口腔内に溜まった唾の処理について

私は、日に3回歯を磨く人で、大阪歯周病治療専門サイトに磨かないと気持ちが悪くて自分が嫌なので、虫歯とは無縁の人間だなと思っていました。しかし、27才になったとき、歯の痛みから自宅近くの吹田にある歯医者に行くとまさかの虫歯が発見。しかも、奥歯の治療で一番痛い箇所に虫歯が見つかりました。最初に治療は痛いですからねとの先生の脅し通り、治療はとても強い痛みを伴いました。それになにより困ったのは、治療中の自分の唾液の処理です。口を大きく開いて施術を行っている為、必然的に唾液が口にたまります。飲み込むことも考えますが、手袋はしているものの先生の手や、医療器具などが口に出たり入ったりしている唾を飲み込みたくはありません。先生の助手が吸引器を使用して口の水分をとってくれるものの、まめにではない為、すぐに唾が溜まってしまいます。毎回治療の度にがまんしていましたが、先日の治療でとうとうがまんできず、飲み込んでしまいました。すると、変なところに唾が入り咳が止まらなくなり恥ずかしい思いをしました。




top